ビデオテ-プが水に濡れてしまったときの対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオテープが濡れてしまった場合、濡れた状態で乾燥させると、テープどうしがくっついて再生機にデッキが故障してしまいます。

濡れてしまったビデオテープは、どうすることもできないようですが、しかし、1つ、荒業があります。

 

それは、昔の古いデッキを使って乾燥させるのです。

やり方は、濡れたビデオテープの水を切り、古いデッキに入れて、早送りと、巻き戻しを繰り返し、乾燥するまで約1日行います。

注意したいのは、決して再生しないことです。

 

再生すると、ビデオテープは壊れてしまいます。

 

ですから、古いビデオデッキに、テープを入れたら、素早く早送りと、巻き戻しを乾燥するまで繰り返すのです。

 

ポイントは、古いデッキを使用することです。

 

古いデッキってどれぐらいの年代?

 

1995年以降のデッキが望ましいです。

 

ヤフオクやリサイクルショップで販売しているので、持っていない人は、そちらで購入すればいいかと…。

 

また、DVDダビングサービスを利用するのもいいかと思います。

 

DVDダビングサービスは、ダビングだけをするのではなく、ビデオテープの修復サービスもやっているので、一度相談されては如何でしょうか?

 

くれぐれも、ドライヤーなどで乾かさないでください。

 

ドライヤなどで乾かすと、テープ自体が変形します。

 

大事な思い出が詰まっているビデオテープですから、再生できるように願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加