VHSのビデオテープをPCでデジタル化できるすぐれものを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビデオテープをデジタル化するのは、簡単そうで、結構手間でした。

しかし、それを簡単にしてくれるUSBキャプチャが発売されました。

そこで、VHSテープなどをPCでデジタル化する、USBキャプチャについてお話します。

<目次>
・VHSテープをPCでデジタル化!
・PCレスでビデオテープをデジタル化!

VHSテープをPCでデジタル化!

まず、最初に紹介するのが、VHSテープなどをPCでデジタル化する、USBキャプチャです。

商品名は、USBビデオキャプチャ「400-MEDI024」です。

手持ちのVHSデッキなどに接続し、S映像/コンポジット映像、アナログ音声(RCA)からの映像/音声を、USB経由でPCに録画できるビデオキャプチャです。

コンポジット、S映像、アナログ音声(RCA)の入力を各1系統備えています。

Windowsに別途インストールしたサイバーリンク「PowerDirector」や、macOSの標準ソフト「QuickTime Player」で録画できます。

最大解像度は720×480/30fpsで、ファイル形式はWindowsがMPEG-2(AVI)、macOSがMPEG-4 AVC/H.264(MOV)。

本体にスナップショットボタンを備え、動画キャプチャ中に静止画キャプチャもできます

外形寸法は70×29×10mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は50g。

PCレスでビデオテープをデジタル化!

次に、ビデオテープをパソコンを使わずにデジタル化できる、キャプチャ機能付きのメディアプレーヤー「400-MEDI028」です。

3.5mm 4極のAV入力端子と出力端子を各1系統装備。

付属の3.5mm – RCA変換ケーブルを使い、ビデオデッキなどと接続します。

30fpsのAVIでデジタルキャプチャできます。

ストレージとして8GBのメモリを内蔵するほか、microSDカードスロットも装備しています。

3型のディスプレイも搭載。

映像を見ながらキャプチャ操作が可能。音声のみの録音もできまする。

PCレスで利用できるが、PCとUSB接続する事も可能です。

キャプチャした映像をパソコンにコピーして管理したり、鑑賞する事もできます。

「400-MEDI028」本体で再生し、メディアプレーヤーとして使うことも可能です。

HDMI出力を備え、最大720pのAVI/ASF/WMV/MP4/MPG/MPEG/MOV/MKV/FLV/VOB/3GP/DAT/RM/RMVBファイルが再生できます。

音声はMP3/AAC/WMA/WAV/DRM/OGG/APE/FLACに対応しています。

なお、著作権保護されたコンテンツは再生できません。

ステレオミニのイヤフォン出力やスピーカーも備えるほか、リモコンも付属しています。

バッテリを搭載しているのも特徴。

連続で約2時間の使用が可能。充電しながらのキャプチャも可能。

外形寸法は125×62×20mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は110g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加