カーシェアリングをいろんな使い方で利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーシェアリングは、車をみんなでシェアするサービスで、車が空いているときに、自由に使えることで知られていますよね。

使用方法は当然、買いものに使ったり、子供の送り向かいなど、車を運転して使うことが目的です。

しかし、車を動かさないで、カーシェアリングを使っている人たちがいるようです。

カーシェアリングの変わった使い方についてお話します。

<目次>
・営業マンの寝床
・終電に遅れた時の避難場所

 

営業マンの寝床

カーシェアリングには、パック料金制度があり、3時間、いくらといったサービスがあります。

では、なぜ営業マンの寝床なのか?

営業マンでも、車を使って営業する人もいれば、電車を使って移動する営業マンもいます。

その電車を使った営業マンの寝床になっているのです。

どういうことかというと、営業マンって、就業時間があってないようなものです。

契約してナンボの世界なんです。

だから、昼間や、営業しても効率の悪い時間帯は寝るのです。

しかし、喫茶店で寝るのはちょっとだし、カプセルホテルはちょっと高い…

格安で寝られるのが、車なのです。

そう、カーシェアリングなのです。

夏なんか、その場でエアコンつけて寝られますから快適です。

パック料金で使えば安く使えます。

営業マンにとっては、最高の寝床なのです。

 

終電に遅れた時の避難場所

もうお分かりですよね。

お酒が入ってるから。車に乗るのは駄目?

飲んで車を動かすのはいけませんが、飲んでも車で寝ることは問題ありません。

飲んで、終電に遅れた時、始発までの時間を、カーシェアリングで過ごす。

夏は冷房、冬は暖房完備ですから、居心地のいい空間です。

特にワンボックスカーなら、2人乗っても快適にいられます。

料金も夜間割引があり、安く利用できるのもメリットです。

酔っているからといって、乱暴に使わないように気よつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加