せどりの仕入れで失敗する!絶対にやってはいけない仕入れ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりは絶対稼げるの?

ビジネスには、絶対というものはありません。

 

如何に利益を出すか、損失を出さないように考えて行動することが、稼げるポイントなのです。

 

そこで、利益を出すために大切な、せどりの仕入れで失敗しない、絶対にやってはいけない仕入れについてお話します。

 

<目次>
・リサーチ不足でせどりの仕入れで失敗する

・仕入れの量が足りないと稼げない

・絶対にやってはいけないせどりの仕入れ

リサーチ不足でせどりの仕入れで失敗する

せどりって単純で、ほとんどの人は商品を仕入れて、Amazonで販売する方法のせどりをやっています。

なぜ、Amazonで転売するのか?

 

それは、モノレートというサイトで、Amazonの販売状況がわかるからです。

Amazonの販売状況がわかれば、この商品はAmazonで売れているのか、いらぐらいが相場なのかがわかるのです。

 

ですから、そのサイトで、商品をチェックして、売れている商品で、相場より安く買えれば、その商品を購入する。

単にこれだけを押さえておけばいいのです。

 

ですから、リサーチをしっかりしておけば、絶対に損をすることはないのです。

逆に、リサーチ不足で購入すると、売れ残ったり、購入金額より安く売らなければならなくなったりするのです。

量が足りないと稼げない

量が足りないと稼げないというのは、仕入れの量だけじゃなく、リサーチの量も重要になります。

数多くの商品をリサーチしないと、稼げる商品は見つかりませんし、数多くの商品を購入しないと稼げません。

 

たとえば、月10万稼ぐには、だいたい仕入れで40万円近く購入しないと稼げません。

ですから、40万円分稼げる商品を仕入れようと思えばそれなりのリサーチが必要となってくるのです。

絶対にやってはいけないせどりの仕入れ

絶対にやってはいけないせどりの仕入れって何でしょう。

それは、勢いで買ってしまうことです。

 

一方的なリサーチだけを判断して、2千円利益でるから10個買っちゃおうなんてやると、大抵赤字になります。

今売れていて、相場より2千円安いから仕入れるみたいな、一方的な判断で仕入れてはいけません。

 

たとえば、月に何個売れているのか。

価格変動はどうなのか。

 

売れる時期はいつなのか。

 

いろいろなデーターをトータル的にみて判断して仕入れなくては稼げないのです。

ですから、勢いで仕入れてしまうことは絶対やってはいけないのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加