せどり初心者が知っておきたい知識「初心者でも簡単にできる?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりって本当に儲かるの?

仕入れ資金はどうすればいいの?

損はしないの?

これからせどりをはじめようとされている方は、不安でいっぱいでしょう。

そこで、初心者でも簡単にできる、せどり初心者が知っておきたい知識についてお話していきます。

<目次>
・せどりって何?

・せどりのメリット

・せどりのデメリット

・せどりの仕入れ資金はどうすればいいの

せどりって何?

せどりって何?

せどりは昔からある商売です。

昔は、古本屋で価値のある本を買って、転売している商売のことをせどりって言っていまいた。

なぜ、せどりって言うの?

それは、本の背の部分(背表紙)を見て価値のある本を見つけ、購入していたことから、せどろ=背取りって言われていました。

ですから、昔からあったビジネスモデルなのです。

昔のせどりは、専門知識が必要でしたが、今は、ITの技術が発展しているので、誰でも出来るビジネスになっています。

それでは、せどりについて詳しく説明していきます。

せどりのメリット

せどりのメリットは、リスクが低いこと。

なぜ、リスクが低いのか?

それは、Amazonで販売する場合、スマホを使えば販売状況などが把握でき、瞬時に売れるかどうかわかり、さらに最低仕入れ価格がわかるので、ほとんど損をすることはありません。

ですから、せどりはリスクが低いビジネスと言えるのです。

せどりのデメリット

せどりのデメリットは、労働収入であることです。

自分が、お店に出向いて購入した商品を転売するので、体を壊したり、病気になったときなどは、せどりが出来なくなり、収入が得られないというデメリットはあります。

しかし、せどりには、電脳せどりといって、ネットから仕入れて転売する方法もありますので、そのスキルを身につければ、労働収入というデメリットは無くなります。

せどりの仕入れ資金なんですが、Amazonの場合、キャッシュフローがとても速いのです。

2週間で、販売した商品の代金を受け取ることができます。

ですから、最初はクレジットカードで仕入れ、売れた商品で返済することが可能なのです。

ある程度利益がでたら、クレジットカードの手数料分がかからないよう、売れた利益で商品購入をするようにしましょう。

カード決済ばかりしていると、クレジットの金利や手数料で利益が圧縮されますので、できるだけ現金で仕入れるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加