ドンキホーテでせどりするなら!小型バーコードは必需品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどりって、いろんなやり方があります。

パソコンだけを使って、ネットショップで購入したものを売る人とか、実店舗で売っている商品を買って販売する人とか。

 

要は、価値のあるものを安く仕入れて、高く売る。

 

これがせどりの原点ですら、自分にあっている仕入れ方法であれば、何処で商品を仕入れようが関係ないのです。

今回は、ドンキホーテでせどり商品を仕入れる方法についてお話します。

 

<目次>
・ドンキホーテでせどりするなら!小型バーコードが必需品

・ドンキホーテでせどり実践!

・まとめ

ドンキホーテでせどりするなら!小型バーコードが必需品

ドンキホーテに行ったことがある人ならわかるでしょが、ドンキホーテは、商品点数が多く、新古品見たいな商品が多く売られています。

倒産した会社の、在庫一掃販売みたいな商品がいっぱいあります。

 

ですから、数十年前のレアな商品が安く売られていたりします。

また、ワゴン販売も多く、ワゴンの中にお宝商品が入って入る場合もあるのです。

 

ですから、ドンキホーテで安く買った、Amazonやヤフオクで高く売るせどりビジネスが成り立つのです。

そこで、問題は、商品の相場です。

 

ドンキホーテには、かなりの数の商品がありますので、いちいち、スマホで調べていては追いつきません。

そこでオススメなのが、バーコードで読み取って、相場を確認する方法です。

 

バーコードだと、かざすだけで、すぐに商品検索ができ、スマホに取り込まれた商品番号で、相場がすぐにわかります。

大きく稼ぎたい方や、面倒なことが嫌な方は、バーコード購入して、商品のリサーチをしましょう。

 

バーコードで注意したいのは、あまり大きめのバーコードを使うと、小さい小物のバーコードが認識しない場合があるようですから、小型のバーコードの購入をオススメします。

ドンキホーテでせどり実践!

では、ドンキホーテでせどりをするにはどうすればいいのかについてお話します。

先程もお話しましたが、ドンキホーテでせどりするなら、小型のバーコードは必需品です。

 

ドンキホーテは商品点数が多いので、一つ一つスマホでバーコード読み取っていると大変です。

また、相場をリサーチするのに、せどりすというアプリを使います。

 

せどりすとを使うと、瞬時に相場がわかりますので、せどりするかどうかの判断がすぐにできます。

それでは、ドンキホーテのせどり実践を解説していきます。

 

まず、最初に、入り口に、特価の日常品が売られています。

こちらの商品は、単品だと利益が少ないのですが、セット販売で売れば、そこそこの利益が出ますし、ポイントも加算されるので、見逃さないようにしましょう。

 

次に、コスメ売れ場です。

狙いは限定商品やタイアップ商品です。

 

この限定商品やタイアップ商品はそこそこ利益が出ます。

バーコードリーダーとせどりすとを使って相場をチェックしてから購入しましょう。

 

穴場は香水系です。

 

香水は廃盤になるとプレミアがつくので、リサーチは必須です。

おもちゃもいいんですが、プレミア以外はあまり利益が出ません。

 

ドンキホーテには、[2]のJANとういうものがあり、卸問屋から仕入れた商品なので安く販売されています。

これも、相場チェックは必須です。

 

白物家電、特に空気清浄器などは利益がとりやすいです。

 

キャラクター物のガムとかも狙いです。

型落ちなどがいいです。

 

ガムには賞味期限が無いので、型落ちで問題ありませんから。

インスタントラーメンも、激安で販売している商品を買って、箱売りすればそこそこ利益は出ます。

 

季節ものも狙いもです。

 

大体、こんな感じで、ドンキホーテでせどりをしていけばいいかなの思います。

まとめ

ドンキホーテのせどりには、小型のバーコードが必須です。

時間はかかりますが、すべての商品をリサーチする感じでやってください。

 

まず、ドンキホーテに着いたら、画面タッチでクーポンを見る。

季節もの、限定もの、タイアップものに注視する。

 

また、店の奥の方に行けば、廃盤品が置いてあるので、店の奥までリサーチする。

以上を念頭において、ドンキホーテのせどりを実践してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加